20140202-083058.jpg

ZIGZAGローリングマシーン

:次の記事»

By ひいくん, 2014年2月2日

これを買った時は感動しました。
なんて簡単なんだ!って。

布にシャグとフィルターのせて、巻紙を布に這わせて蓋を閉じるだけで、ポンって出来上がるなんて。

20140202-083522.jpg

ただ、使っているうちにいろいろ不満が出てくるわけです。

サイズが少し変。

布の幅とか巻き上がりの太さとか。
巻紙は70mm用、フィルターは8mm用の設定なのに、なんだか微妙に違う。

それもその筈で、ZIGZAGのフィルターって8mmじゃないw
7.8mmとかほんの少し細い。
きっと少し細い感じでZIGZAGの製品に合わせた作りになってるのかもしれない、と勝手に自己解釈。

その証拠に、初めの頃使っていたZIGZAGのフィルターと巻紙はかなりフィットしていました。

フィルターと巻紙をスモーキングに変えたあたりから、???ってなったし。

あと、買った最初は巻の太さが6mmの設定の穴になってました。

最初の数本は、フィルターを押しつぶしてほっそい巻き上がりになって、これ不良品??とか勘違いしたのは愛嬌。

20140202-084319.jpg

いまは、もう巻正の巻箱に1軍の座を奪われてしまったので、スリムフィルター用に6mmの設定になってます。
ごくごく稀に、細巻を作るときに活躍するくらい。

気になっているんだけど、他のメーカーのローリングマシーンもみんな同じデザインっぽくて、なにかしらのOEMなんでしょうか?
微妙なちがいだけで、全部同じ工場で作ってそうな気がするw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

20140506-132323.jpg

巻正ローリングマシーンで巻くコツ

このブログに訪れる方は、巻正とかMAKIMASA、ローリングマシーンという検索で見つけていただくことが多いようです。 個人的にも巻正の巻箱が一番お気に入り。 そこで自分なりの巻箱の使い方をまとめてみました。 まずは、巻布・・・

20140130-205953.jpg

巻正の替え布が凄い

どうも、以前使っていたローリングボックスがしっくりとこなかったんです。 巻の太さといい、巻紙に対する布の幅といい、なんかピッタリこない。 ZIGZAGのローリングボックスだったのですが、どうもZIGZAGのペーパーやフィ・・・

おススメの加湿グッズ

湿度計

なんと100円で買えてそこそこ使える湿度計

100円で買える!安くてまとめ買いもしやすい湿度計。
自分もこれを使って密封容器に入れています。個体差は多少ありますが今のところ問題ありません。

メール便対応・パイプ・手巻きタバコ・葉巻用【春山商事】コルツ 携帯用ヒュミドール 加湿器

春山商事の携帯用ヒュミドール

携帯ヒュミドールにもいろいろ種類がありますが、なかでもこれが一番コスパが良くてお気に入り。2個3個まとめて入れて加湿するのにも良い感じのサイズで、まとめ買いしやすい価格がおススメのポイントです。

シガレットケースに収納可能・メール便対応【坪田パール】シガー 小粋 手巻き煙草用 携帯用...

塚田パールのシガレットケース用ヒュミドール

この携帯ヒュミドールは、細長い形をしているのがポイント。シガレットケースにそのまま入れられちゃうのがとても便利。気持ちの問題かもしれませんが、巻き貯めした手巻きタバコ持ち運ぶ時に少しでも乾燥を防げるのが嬉しい!

:次の記事»